FC2ブログ
2018_07
06
(Fri)04:22

6月いけばなお稽古記録

関東甲信越地方はいち早く梅雨明けしたものの、全国的にひどい豪雨、

浸水や河川の氾濫、土砂崩れなど大変な水害に見舞われています。

日本列島、ここ数年前から特に気候がなんだかおかしなことになっていますよね

もう少し穏やかな気候に戻ってほしいと願うばかり、、、

さて、6月お稽古記録。

梅雨の晴れ間のあっついあっついある日でございましたので、花材選びも悩みます

で、この日選んだのは季節ものの枝、房すぐりと
       20180625_132042_convert_20180709221908.jpg

可憐な花が印象的な白のキキョウ
    20180625_141353_001_convert_20180709221953.jpg

ピンクのバラ
    20180625_134608_convert_20180709221929.jpg

光を当てるとすぐりの赤い実がキラキラ輝いてとっても綺麗
    1530019663409_convert_20180709222146.jpg

さぁまずはフリースタイル。 色違いの花器を2つ使って株分けスタイルで生けてみました。
    20180625_152430_convert_20180709222027.jpg

枝物を剣山に傾斜をつけていけるのは結構難儀、、、

な、わりに、ついつい傾斜をつけたがるクセがあるみたいで、、、(ほとんど無意識)

いけてるうちに重さに耐えかねより傾斜 → 崩れる、、、

ここで留まってほしいのよっ!! と意地になりやり直す → 思いが届かず反比例のように枝は思ったところに差さってくれない、、、

そしてついに意地が自棄てきて気持ちがイライラ
    20180625_153138_convert_20180709222216.jpg

こうなるともういけばなは楽しくなくなるのだ。だから、 あれ!? 意地が自棄始めてたぞ と感じたら、早いところ気分新たにデザインChange。

切り替えが早いというのは何においても結構大事

その方が断然生きやすい‼‼ とこんな時にも改めて思う。

どうしてもここのライン、この形、このカーブ、この角度に生けたいとこだわって、なんとかやっとの思いで生けられたとしても、

出来上がったところでそれが美しいとも限らない。こだわったからそれがBestではないのだ。

あまり考えず気の向くままさらりと生けた方が、案外植物のキレイなラインが生かされていたり、

伸びやかさがそこに溢れていたり、何より生き生きとしてたりするもの。
        1530004936003_convert_20180709222115.jpg

一生のうちに1度や2度、できないことを一生懸命頑張ってものにする、克服するのも大事なことだと思うけれど、

それよりも人間は自分ができる事、好きな事、楽しいと思えることをどんどん伸ばしていくことの方が、

よっぽど才能が開花していくのよね♪     なんて、

生き方なんかを例えてみたりした6月のいけばな。

    1530005097977_convert_20180709222053.jpg
いつだって 伸びやかに しなやかに ゆるりと生きていたいと我思ふ、、、





本日もご訪問ありがとうございます♪
ぽちっと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト