FC2ブログ
2018_02
24
(Sat)18:56

ひな祭りといったら桃の花

昨日は前日からのみぞれ雪のせいかそりゃもうさむ~い一日だったのに、

今日あたり日の出る日中はぽかぽか陽気の小春日和。なんとなく土臭いというかもわっと鼻先を包む春のにおいすら感じた東京地方。

あ~ 春が来るのね~  

気づけばもう3月、まもなくひな祭りですね~

というわけで、

暖かい日が続いたかと思っていたら真冬に逆戻りだったある日、桃の節句にちなんで桃の花を使っていけばなです。

桃の花と合わせたのは、こちらも季節限定この時期だけ黄色い花をぽわっと咲かせるミモザアカシア
    20180223_131326_convert_20180224174306.jpg

パーロット咲きが華やかなピンクのチューリップ
    20180223_131403_convert_20180224174345.jpg

このあと3回はいけ替えることを見込んで枝は長めに使用して、、、

こんな感じ↓↓↓ 花器を2つ使い、足元はすっきりまとめて上方にボリュームを出し不安定な緊張感を出してみた。
       20180223_143705_convert_20180224174418.jpg
、、、なんていうのは後付けだけど、重さのある枝を盛り花(剣山に挿す)で立たせるのは結構難しい。

投げ入れの場合は一文字、十文字、縦の添え木留めなどなど、どんな位置にもスパッと留める術がいろいろあるけれど、

剣山に挿す盛花でも あっと驚くすご技でなんなくいけられる技を身に付けたいものです、、、

で、続いて投げ入れ。

桃は直線でしか生けることができない、、、やや、それ以外の発想が浮かばないので毎度まっすぐ。
       20180223_151148_convert_20180224174442.jpg
これを生けた後にも違う花器に生けてみたけど、出来上がって写真を撮ってみたらあまり変わりばえのしないデキだった、、、 チーン 

こういう時は何度生けてもハッとするような生け花はできないもの、だもんで勝手に終了、、、
       20180223_151845_convert_20180224174515.jpg

のはずでしたが、最後はデモの練習よ♪と先生からの課題は続き~

この日先生宅にいらしてた先生(生け花の世界には先生がいっぱい😱)と、

先生ダブルを前に模擬デモ後ろ生け。

いつもはいない先生にじっくり見られると思うと練習といえども緊張する~

まずは正面から生けて枝の位置やらを確認。 今回は第二応用傾真型の逆勝手。

華やかな方がいいよね~とチューリップ5本入れてみたら、

花型のデモはシンプルにお花は3本で! とご指導いただき、、、
       20180223_161648_convert_20180224174542.jpg

出来上がった後ろ生け↓↓ 最所に↑↑枝の向きやら位置やら確認したところでやっぱり実際後ろから生けると

とっ散らかるものです 

45度に傾けるべき桃がほぼまっすぐに立ってしまってる、、、 
       20180223_174215_convert_20180224174603.jpg
デモはパフォーマンス、きっちり正解を生けることにこだわるよりも生けてる時の手の裁き、所作、生けながらのちょっとしたトーク、シンプルながらもパッと目を引くできあがり。

そして楽しそうに生けること。そういったことが大事なのよ♪ 

と最初に教えてくれたのは7年前に亡くなった師匠であるK先生。
    20180226023928811.jpg
そこに到達するにはまだまだ道のり遠い、、、かな 








本日もご訪問ありがとうございます♪
ぽちっと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓ 
 

人気ブログランキング          
スポンサーサイト