2017_07
27
(Thu)08:17

いけばなお稽古最後はやっぱり迷走いけばな

毎日毎日蒸し暑い日が続いております東京地方。ちょっと歩けばベターっと空気がまとわりつき、だらだらと汗が止まりません、、、

あ゛---不快

さて話変わって先日のお稽古記録。

今回の花材は、

夏場だし、もうとにかく暑いし、花もちもひどく悪い中、それでも比較的持ちの良いオリエンタルのユリ
      20170719_133450_convert_20170803205941.jpg
と、  孔雀草
      20170719_133519_convert_20170803210031.jpg
と、  ドラセナ
      20170719_133609_convert_20170803210057.jpg

このところまず最初はデモンストレーションを見据えて後ろ生けのレッスン。

今回の花材はほぼユリだったので、枝物を使わずすべて花物で花型をいけます。

というわけでこちら↓↓先生の自作花器を使って、第1応用立真型
      20170719_133653_convert_20170803210315.jpg

まずは正面から生けて形をしっかり復習。  後ろ生けの時のために全体的に少し茎は長めにしておき、

花の向き、先端の方向などにも気を使って生けられるようインプットして、、、
      1501758751187_convert_20170803210220.jpg
先生を前にデモンストレーション、後ろ生けをします、、、

花を生けてる時の所作、後ろ生けをしている手の動き立ち姿、それらの参考のためと先生iPhoneで撮影。

で、できたのがこちら↓↓ 
      1501758819843_convert_20170803210402.jpg
控えのユリの向きが下を向いちゃいました、、、 

向きを確かめて生けたつもりでも出来上がって正面から見てみると、   ありゃりゃ、、、花の向きや角度が違うということしばしば。

何事も流れるような無駄のない自然な動きになるまでには、練習あるのみ‼ ですね。 

先生の撮った動画を見ながら指導いただく。こんな時も動画って便利ね♪、、、と実感すると同時に、

こうして自分の姿を見るってちょっと恥ずかしさもありながら普段の所作が人からはこんな風に見えるのかと新たな気づき 

つづいて自由花。

クワズイモの葉は先生のご自宅にある鉢物から2本カット。

で、このクワズイモの葉の上手い使い方が見えないまま無理やり完成させたものだから、

やっぱり何だかピンと来ないいけばなになってしまった1品、、、
      1501758876734_convert_20170803210910.jpg

つづいてねじりのきいた白い花器で、ドラセナに変化をつけて。
      1501758935016_convert_20170803211026.jpg
クワズイモがそのドラセナの邪魔をしていると指摘され1本抜くと、、、   

あ、、、   スッキリした ↓↓
      1501759025536_convert_20170803211126.jpg

と、ここでなんだかいい感じに満足感に浸れたので、今日はこの辺りでお稽古終わりにしたいなぁ、、、 

なんて思ってみたりしたけど、

ど、、、

先生課題を出すの止まらない、、、  うぅ 

もう集中力が切れそう、  や、  切れた。

そうなるともう、何をどう生けたいのかいったい何をしているのか何をしたいのか分からず、

先生に ここはこれくらい出してこうしたほうがいいんじゃないと手直しされても

どこがいいのかなぜこうなったのか自分で生けながらももはや理解不能、、、
      1501759073401_convert_20170803211156.jpg
確か一応この花器を使う課題として、

カット面がいくつもあるためその屈折を利用して茎や葉の線や面を面白くいけてみて♪

ということだったはず、、、
      1501759142666_convert_20170803211227.jpg
しかしながらもう、最後の1品に関してはこれはいけばなか  と自問自答せずにはいられないものとなる。 

そこで今月のお稽古の学びは、止めどころと集中力って大事‼  に尽きる  





本日もご訪問ありがとうございます♪
ぽちっと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓ 

 
人気ブログランキング  
スポンサーサイト