FC2ブログ
2017_05
18
(Thu)00:54

気分が上がるワクワクいけばな☆

まったく全然ダメダメ、生けることが苦痛と感じた先月のお稽古。

今月のレッスンはそんなことがないように自分でやりたい課題をテキストから選び、先生にご指導願う。

で、選んだ今回の課題は 〈木の構成とその展開〉

以前仕事先で、いらないからあげるよ♪ と言われもらってきたドライの雲竜。

もとは4Mもある立派な雲竜(ドライ)の根元の部分なので太くて存在感あります。

これ使ってみたかったのよね
    P5171823_convert_20170518001426.jpg

お花は庭にわんさか咲いてるカラーと葉
    P5171834_convert_20170518002343.jpg

    P5171833_convert_20170518002108.jpg

カンパニュラとカスミソウを使用
      P5171849_convert_20170518002929.jpg

      P5171850_convert_20170518003028.jpg

まずは雲竜3本使って木の構成。

3本を1つの点で交差させれば立つのは当たり前。 

支点を分散させることによって生まれる不安定なバランスが、緊張感のある空間を作り出し、より楽しいあるいは美しい表情になる。   

というのが造形いけばなを得意とする先生のいけばなセオリー。

そして、できることなら留め具(ワイヤーやビスなど)は使わず木そのものだけで自立させたい!! というのが私のいけばなセオリー。

ということで、、、
    P5171835_convert_20170518005519.jpg
こうだと立つけどツマラナイこうしたいけどこれじゃ~自立しない、、、

とあれこれ試行錯誤の結果、ワイヤーなど留め具なしで我ながら見事に自立ができた☆ Yeah

あらなんだか動物が草原を軽やかに駆けてるみたいね♪ と先生。  言われてみればそんな風にも見えてきたぞ

想像力・表現力が豊かだといろんな誉めかたできるんだな~とこれまた勉強😌
      P5171839_convert_20170518002751.jpg
いけばなには生けてる時の気持ちが反映されるのものらしい、、、   フォ~

さてそこに雲竜の木肌と同化するガラス花器を置いてカラーとカラーの葉でスッキリ彩りを添えてみました♪
    P5171832_convert_20170518002018.jpg
出来上がってみると、この色合わせ妙に心地よくって好きだな♡

まさにベーシックなナチュラルカラーの組み合わせ。
    P5171826_convert_20170518001824.jpg

      P5171829_convert_20170518001929.jpg
驚きや目に飛び込んでくるインパクトはないけれど、しっとり落ち着く和みいけばなのできあがり

最後にコオリ柳(数か月まえに生で使用したものを丸めてドライにしておいたもの)と

カラー、カンパニュラ、カスミソウを使って、不規則な曲線の構成。

どちらかというと不規則で緩やかな線を作るのが苦手。

ピリリと主張しながらもゆるっと力の抜けた線を出せたらちょっぴり前進 と毎度思いつつ、、、
      P5171846_convert_20170518002836.jpg
いまいち自分のイメージする線と空間にはならず、、、再び次回の課題だね




本日もご訪問ありがとうございます♪
ぽちっと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキング    
スポンサーサイト