FC2ブログ
2016_07
31
(Sun)00:19

再びの上野☆巨大なクジラが目印@国立科学博物館

梅雨が明けたら一気に太陽ぎらつく真夏の景色になった気がする、、、

、、、のは気のせいでしょうか、、、

梅雨が明けたと同時に一気に蝉がみ~~んみんじぃ~~んじぃん鳴き出した

、、、ような気がするのは、あれ、、、錯覚でしょうか??

もちろんね梅雨明け前からギラギラ暑い日だってありました。 でもね、空の青さというか、空気の色というか、

梅雨時期の晴れ間は、晴れていても ぼやっどよんっ とした空気の層が

街全体に張り付いてるみたいな感じといいましょうか、そんな風に見えてました。

だけれども梅雨が明けたよと云った翌日、

地下鉄から地上に上がったときに見えた景色はクリアにギラついた夏の景色に見えた わけなんですが、、、

、、、や、錯覚かしら、、、錯覚??   かもしれませんねぷっ

まぁたいていのことは錯覚で成り立ってるものですしね。 

とにかく本格的な夏が始まりました。 体調管理が大切です、、、

、、、てことで、、、

話かわって再びの上野公園

で訪れし場所は、
    20160714_114429_convert_20160801234442.jpg

    20160714_114453_convert_20160801234600.jpg
建物横にどどーんとおっきなクジラのモニュメントが鎮座する国立科学博物館。

      20160714_114614_convert_20160801234647.jpg

ただいま特別展・海のハンター展開催中

梅雨明け前のだらりと暑いある日に観覧。

いきなりこんな奇妙な顔の古代魚がお出迎え
      20160714_115337_convert_20160801234718.jpg

      20160714_115457_convert_20160801234746.jpg
デェーデェン デェーデェン  デェーデェン
      20160714_115542_convert_20160801234807.jpg
シャ―――ッ     とは鳴かないけどね、、、 

館内は、古代 → 中生代 → 新生代と、進化していく海洋生物の展示、

そして、深海(太陽の光が少ない) ・ 極域(寒い) ・ 外洋(環境の変化が少ない) ・浅海(環境の変化が多い) の4つに分かれて、

そこで生息する海洋生物の弱肉強食・食物連鎖や生態などが、標本とともに詳しく展示されています。
    20160714_115511_convert_20160801234826.jpg
まさに恐竜映画に出てくるそれです。

人間と比べて見るとその大きさがわかりますねぇ

      20160714_115633_convert_20160801234846.jpg
これも恐竜映画によく出てくるあれです、、、翼を大きく広げて空飛ぶ翼竜。

      20160714_115918_convert_20160801234921.jpg
こちらは今でも水族館では大人気、ペンギン

の1千万年前の全身骨格。 

今とあまり変わることないこの骨格からペンギンがほぼその生活を変えず存在し続けていることがわかるんだそうです。

こちらはサメコーナー☆  
    20160714_120459_convert_20160801234946.jpg

作りものとは云え一斉にこちらを向かれるとちょっとたじろぐ、、、
    20160714_120740_convert_20160801235033.jpg

    20160714_120833_convert_20160801235055.jpg

      20160714_120552_convert_20160801235005.jpg

    20160714_121013_convert_20160801235114.jpg

ダルマザメ、、、↓ ↓名前に反してちっとも福々しくないその容姿、
      20160714_121422_convert_20160801235155.jpg

捕食の仕方も 忍び寄り吸いつき瞬時にえぐりとる  ってなかなかのえげつなさ

ホホジロザメの液浸標本(←日本初公開らしいです)には、ダルマザメに 吸い付かれ瞬時にえぐり取られた まあるい傷跡が、

体に数か所ありました。 体長1メートルにも満たない小さなサメが3~4倍も大きなホホジロザメを捕食するんですね~

恐るべしダルマザメ
    20160714_121433_convert_20160801235245.jpg

日本近海でも房総半島より南に生息しているという変わった名前のサメ、ニタリ ↓ ↓

人を襲うことはほぼないようですが、こんな大きな鋭い尾びれを振り落とされたらたまったもんじゃありません、、、
    20160714_121527_convert_20160801235311.jpg

    20160714_121535_convert_20160801235328.jpg

ほかにもた~くさん珍しい海洋生物の展示があり、見ていて楽しい展示会。

夏休み子どもを連れて行くもよし、デートで行くもよし、ご興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか
(10月2日まで開催中)
      20160714_121640_convert_20160801235348.jpg

      20160714_121713_convert_20160801235407.jpg
クーラーきいてて涼しいよ♡  ぽぽぽぽぽ~






本日もご訪問ありがとうございました♪
ぽちっと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓ 
 

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



  • 日常
2016_07
26
(Tue)11:38

最近読んだ2冊の小説

もうまもなく関東地方も梅雨が明けるとか明けないとか、、、 いや明けるとか

夏は好きだけどジリジリジメジメモワモワムンムンな熱波に包まれる感じは苦手、、、

じゃ、夏は嫌いなんじゃないかと自分でも突っ込みたくなるけれど、いや、やっぱり夏は好きなんだ、、、なぜだかね 

話かわって,

久方ぶりに突然読書気分にはまり本屋をぷらつく、、、といっても古本屋、、、

の、なんといっても93円コーナーがお気に入り 税込100円 なんとすばらしい

93円コーナーですからもちろん新刊本ではありませんが、

ある時ひょっこり読書熱が沸きだすくらいの自分には、数年前あるいは十数年前の出版本だって新刊です、、、

てことで最近手にしたのがこちらの2冊。
    P7201661_convert_20160725125359.jpg

★子宮の記憶  藤田宜永

こんな分厚い本途中で何となく読まなくなり、

いつの間にかすっかり忘れある時ひょっこり  あれこの本なんだっけ?  となりがちなだけに、

一瞬躊躇したけれど、中身をペラペラと垣間見てなんだか読めそうな気がしたので購読してみたらば

ついつい引き込まれちゃうと言うか、ぐいぐいと読めちゃった1冊です。
    P7201662_convert_20160725125601.jpg

赤ちゃんの頃誘拐された主人公が、高校生になり自分を誘拐した犯人(女性)に素性を明かさず会いに行く話。  

ざっくり過ぎますが、、、

映画になりそうな小説ね♪ なんて読んでたら、

あとがきで映画化された旨書かれていました、、、 やっぱりね
      511dGGgL7QL[1]_convert_20160729190951

       img_2[1]
映画ではどんな風に描かれてるのか興味がわいたのでいつか見てみたいと思います、、、

そしてもう1冊は、センセーショナルなセリフで始まるCMが印象的、映画にもなり話題を呼んだ、

★告白  湊かなえ

先に読んだ‘子宮の記憶‘に比べ本の厚さも半分くらい。 

内容にも引き込まれ、文章読むのがめっぽう遅いわたくしでもあっという間に読めました。
    P7201663_convert_20160725125632.jpg

小説では登場人物がそれぞれの立場でまさに'告白'をして物語が展開してゆき、最後に全ての真相が明らかになってゆくといった感じでしょうか。

以前読んだ "花の鎖" もその都度登場人物がそれぞれ主人公になり話が展開、最後に繋がるという具合でしたが、

こういった手法が湊かなえ小説の特徴なのでしょうか??

2冊しか読んでないのでわかりませんが、

さておき、

"告白"では全てが明らかになるといっても、最終的には読み手の想像によりピリオドという、

読み終えた後の少しの余韻が残されているので、読んだ後、 ん"~~~~~  と唸り、  

なるほどこういう完結かぁ、、、となり、  ん、でも待ってほんとに最後の復讐は実行されたのか?  となり、

ん~ん、そうか、ここは読み手の心情によるのだね となる。

実におもしろい(おもしろいという表現はいまいちしっくりこないのだけれど) 小説でした。
        kokuhaku[1]

こうなると小説の中の世界観をどんな風に映像化したのかガゼンキニナル、、、

     kokuhaku-1[1]_convert_20160729224810

が、映画を見た知人からはR15指定だけあるのかないのか、とにかくいろいろエグくって気持ちが沈んだ と聞いたので、

エネルギー満タンの時に見てみようと思う次第、、、

以上読書記録でした

さて今度はどんな本を読もうかな 








本日もご訪問ありがとうございました♪
ぽちっと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ
  • 日常
2016_07
20
(Wed)23:33

見応え充分☆日本美術にどっぷり浸る昼下がり

さて前回の続き、、、

改めて国立博物館の建築、内装のデザインなどを楽しみつつ、日本美術の流れを大きなテーマとし、

さまざまな展示がされていた館内をしこたま堪能してきたので今回はその一部ご紹介。

日本美術のあけぼのといったら、、、   はにわ いや、これはさぼてん

     20160707_124509_convert_20160720000008.jpg

     20160707_124627_convert_20160720000044.jpg

遠い昔に社会の時間で習ったなぁ、、、と遠い眼をして記憶をよみがえらせても、、、んんん

、、、何もよみがえってこないけど、教科書で見た事だけは覚えてる 
     20160707_124701_convert_20160720000714.jpg

そんな数々の品がまずは陳列され、、、

観音菩薩像や、(原品は奈良の薬師寺に安置)
     20160707_124809_convert_20160720001151.jpg

阿弥陀如来像
     20160707_124947_convert_20160720001232.jpg

こちらは焔摩天   
     20160707_125136_convert_20160720001255.jpg

あれ、、、あの鬼の形相をした、嘘ついたら閻魔さまに舌抜いてもらうぞぉの閻魔さまとはだいぶ違ったご容姿ですが、、、???   
     20160707_125209_convert_20160720001316.jpg
隣で見ていたご婦人たちが、 あの閻魔さまとは違うのよ~  と話をしていたのを小耳にし、

あらそうなのねと調べてみたら、

どうやら、

閻魔大王の閻魔さまは、仏教、ヒンドゥー教での地獄・冥界の主ヤマ。

下界を支配し、生前の死者の罪を裁き地獄に落とす恐るべき神と考えられ、

かたや展示されていた焔摩天はインド神話の神ヤーマのこと。運命・冥界を司り、

密教においては方位を守護する十二天の一つとされ、

鬼の形相閻魔大王に対し展示されていた焔摩天は、インド風の服を着た姿で温和な表情をしている場合が多いらしいです。

もとは同じルーツを持ち同一尊と考えられている、とか、

いやいやもともと別ものだとされていたりと諸説あるみたいですけど、、、 調べだすと何でも奥が深いね 

こちらは‘竹花生‘ banboo flour vase 竹の花器ですね。背面に千利休の判とされる ‘一曲‘ と記されてる1品みたいです。

今こうして見ると何のヘンテツもない‘竹を切っただけ‘ という花器ですが、、、 そういうことではないんでしょうね、、、 
     20160707_125623_convert_20160720001337.jpg

書道や屏風絵
    20160707_131536_convert_20160720001621.jpg

    20160707_131528_convert_20160720001603.jpg

    20160707_131717_convert_20160720001646.jpg

着物や甲冑、刀剣等には外国人が見いってました。
    20160707_130054_convert_20160720001424.jpg

    20160707_130233_convert_20160720001502.jpg

     20160707_131107_convert_20160720001534.jpg

     20160707_132028_convert_20160724222438.jpg

     20160707_132059_convert_20160720001833.jpg     
細かい刺繍が施してあって素敵な着物

    20160707_132138_convert_20160720001934.jpg

    20160707_132158_convert_20160720001955.jpg

    20160707_132222_001_convert_20160720002043.jpg

さて彫刻(仏像等)展示の部屋で個人的に一際目を惹いたのがこちらの像

吉祥天立像(きちじょうてんりゅうぞう)

女性の装束を身にまとい、掌には宝珠を乗せた立ち姿。
     20160707_133440_convert_20160720002452.jpg

吉祥天とはインドの神話に由来する、豊穣・福徳をつかさどる女神様のことだそうですが、、、

ふくよかな面持ちでうっすら笑みを浮かべてるようにも見えるこの仏像は、もはやマツコ・デラックスにしか見えなかった、、、 
     20160707_133454_convert_20160720002513.jpg
ちょっとやせたマツコデラックス

こちらは 銅の板をたたいて作った仏像 ‘押出阿弥陀三尊および僧形像‘ 重要文化財 
     20160707_132508_convert_20160720002106.jpg
中心が阿弥陀如来

7世紀飛鳥時代のものらしいですが、緻密な模様とやわらかい顔の表情をたたいて作ったなんて、、、ただただ息をのむばかり

こちらは東京芸術大学による模造、で、写真では分かりづらいですが、叩いた側つまり裏側から見た押し出し三尊象
↓ ↓ ↓
これをくるりと反対側に返すと上の写真のようになるわけですね~ 
     20160707_132613_convert_20160720002134.jpg
あまりの細かさに気が遠くなる、、、    

がらりとかわってミュージアムショップでは埴輪キャラが一押し大ブーム
     20160707_135211_convert_20160720002627.jpg
結構なお値段してましたが、少々お高いけど埴輪グッズがどうしてもほしいという方にはこちらはどうでしょう、

自分で作るクラフト製の埴輪ちゃん
     20160707_135243_convert_20160720002652.jpg

靴を脱いだ時に若干恥ずかしさを否めない(!?)はにわソックス、子供向けには、こはにわソックスなんてのもありました。(舌かみそう・・・)
    20160707_135335_convert_20160720002722.jpg

個人的には象形文字スタンプがお気に入り☆
    20160707_135417_convert_20160720002744.jpg

本館以外にも東洋館・表慶館・法隆寺宝物館・平成館 そして庭園と見どころ満載の国立博物館。

たまにはこういうところで日本の美術に触れるのも知識が豊富になった気分でいいものです。

     20160707_131840_convert_20160720001711.jpg
知識が脳にとどまらないのがタマニキズだけどね、、、   ぶっ 






本日もご訪問ありがとうございました♪
ぽっちと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓ 

 
人気ブログランキングへ  
  • 日常
2016_07
18
(Mon)23:29

じっくりゆっくり見学☆建築物としても美しかった東京国立博物館

先日東京上野の国立西洋美術館が世界遺産に登録されましたね。

世界的建築家ル・コルビジェによって建築された西洋美術館本館が、

「ル・コルビジェの建築作品-近代建築・運動への顕著な貢献-」の構成資産

として世界文化遺産に登録されたとのことですが、タイトルだけだと何だかわかりずらい、、、

・・・・・・・・・

どうやら上野の国立西洋美術館が世界遺産に登録されるらしい、、、 

そしてあの建物はコルビジェ作品らしい、、、

へぇ~世界遺産になるんだ~、、、     

くらいのふわっとした情報しか把握していませんでしたので、

このさいちゃんとに調べてみたところ、、、(と云ってもインターネットでちゃちゃっと検索。便利な世の中

近代建築に多大な影響を及ぼしたル・コルビジェの数多い作品群の中で特に傑作とされた建築作品を、

世界遺産に登録しましょう!! となった、 で、

その作品の1つが東京上野の国立西洋美術館に選ばれたってことなんですね~

7か国17作品が選ばれ、そのうちの10作品は活動の拠点となったフランスの建築作品。

ほかに、スイス、ベルギー、インド、ドイツ、アルゼンチン、そして日本の建築作品と、大陸をまたいでの登録は世界遺産でも初めてのことらしいです。

なるほど勉強になりました、、、 

さて世界遺産となった国立西洋美術館のある上野公園内にはほかにも趣たっぷりたくさんの素敵な美術館・博物館があります。

こちらは先日訪れた東京国立博物館
      20160707_122304_convert_20160719235747.jpg

こちらで開催中だった 日韓国交正常化50周年記念「ほほえみの御仏展」に行ってきました。  (7月10日で終了)
    20160707_123052_convert_20160719235941.jpg

敷地内正面の本館に入ってすぐの部屋に展示されていた二体の御仏・半跏思惟像(はんかしゆいぞう)は、

写真撮影禁止だったため画像はないですが、1体は韓国国宝、銅製の半跏思惟像、もう1体が日本の国宝、木製(くすのき)の半跏思惟像、

どちらも気品にあふれた姿かたちで、お顔にはうっすらとやわらかい笑みを浮かべた2体の像が

向かい合って展示されていた部屋は、なんともおごぞかな雰囲気に包まれていました。
    P7201664_convert_20160720183149.jpg

ほほえみの御仏をじっくり堪能した後は、これまたじっくりゆっくり常設展を見学。

入口正面にある大きな階段を中心に、ぐるりと展示室が配置されたつくりになっていて、

‘日本美術の流れ‘と題し、仏教や茶の美術、武士の装いや能・歌舞伎などの芸の発展などについて展示された部屋が20室、

‘ジャンル別展示‘として、仏像などの彫刻、刀剣、工芸、近大美術など細かく展示された部屋が約20室と、

かなりの見ごたえある展示となっていました。
      20160707_132850_001_convert_20160720002250.jpg

      20160707_132805_convert_20160720002202.jpg

貴重な展示品をじっくり見ながらも、重厚感があり情緒ある建物の作りにも興味をひかれた国立博物館。

    20160707_133023_convert_20160720002340.jpg

部屋と部屋の間には座って休憩ができるスペースも設けられていて、大きな窓からはベランダにも出られます。

外の喧騒から隔絶された静かな時間が流れています、、、
      20160707_130105_006_convert_20160720001442.jpg

    20160707_134605_convert_20160720002408.jpg

平日訪れた博物館には中学生の社会科見学らしき学生たちや、多くの外国人が来館していました。

たまにはこういうところで芸術品に触れながらゆったりとした時間を過ごすのもいいものです☆

また、常設展観覧だけだと、観覧料は大人620円  高校生以下は無料

特別展は別途料金がかかります。特別展内容により料金違うようです。

ちなみに‘ほほえみの御仏‘展は大人1000円、このチケットで常設展も観覧できました。
      20160707_132939_convert_20160720002317.jpg

常設展の展示品は写真撮影可能でした。(一部禁止の物も有) そちらはまた次回記録、、、






本日もご訪問ありがとうございました♪
ぽちっと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ
  • 日常
2016_07
12
(Tue)13:48

いけばなお稽古6時間☆ありがたくもあり、、、

久しぶりの更新は、いけばなのお稽古記録。

数カ月ぶりに日本でのお稽古は途中で休憩はさみながらも怒涛の6時間、、、

は、なかなかの疲労が見え隠れ。

けれどそんなに長い時間お稽古つけていただけるなんてありがたいことでもあるからね、

時折チョコなど食べて糖分補給などしながらお稽古つけていただきました☆

      20160710_160338_convert_20160712001003.jpg
使い続けて十数年、刃こぼれもし切れ味も悪くなったなぁと毎度感じながら今回もこのハサミで、、、

まず初めに生けたのは、アセビ ハラン アンスリウムで、
    20160710_160013_001_convert_20160712000835.jpg

足元すっきり、、、  ’剣山なし’
    20160710_160730_convert_20160712001017.jpg

全体写真
      20160710_204613_convert_20160712001312.jpg

ハランの使い方とか、うわものはイイと思うわよ♪  でもね 足が面白くないのよねぇ♪

なぜなら全部まっすぐに立ってるでしょ♪  足がねぇ、、、面白くないわ♪     と先生のお言葉。

そしてもう1点、 全体をみると半分に別れちゃうわよね、1対1。

写真でも真ん中に地平線や水平線がくると平凡、2分割されて面白くないわよね♪ つまりそういうことよ♪

それとやっぱり足がねぇ面白くないのよねぇ、、、上はいいんだけどね♪

先生というのはほんとにいつだって、的確かつ分かりやすいご指摘をしてくださる
      20160710_204825_convert_20160712001404.jpg
立てることにばかり夢中になって全体のバランスまで気が及ばなかった、、、 写真にすると一目瞭然、納得です。

それにしてもこの時何度聞いただろうか、 ’足がねぇ面白くない’ 発言、、、 いや、ま、ごもっともなんですけどね

続いてぐるんぐるんと螺旋を描いた形が面白い、土色の花器を使って、

ハランの、茎のラインと葉のラインを上手くいかして生けたかったのですが、、、

もちっと工夫がほしかったような気もあるね
      20160710_163713_convert_20160712001113.jpg

見る角度によっては面白い線が出てるわよ♪ と先生。

必ず一つは良いとこ見つけて誉めてくれる素晴らしく誉め上手な先生です♡
      20160710_163634_convert_20160712001054.jpg

あ、この角度は普通すぎてちっとも面白くなわ~♪ (下写真) 

なんて、バッサリ切り落とす指摘もしますけど、、、
      20160710_163541_convert_20160712001037.jpg

最後に重厚感のある横長の花器を使って。

これこそほんとに普通です。   が、先生が言うと、
    20160710_173812_003_convert_20160712001137.jpg

あ~これはもう安定感バッチリね♪ バランスも良くて安心して見てられる作品よ♪  もう少し葉の剪定をしたらなお良いかもね♪  
    20160710_173902_convert_20160712001225.jpg
う~んなるほど  

言葉のチョイスと使い方でスッゴい誉められた気分になっちゃう
      20160710_160155_convert_20160712000948.jpg
これも見習うべき言葉のマジックだね      






本日もご訪問ありがとうございました♪
ぽちっと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ
2016_07
03
(Sun)13:41

続買い物フィーバー@セントラルマーケット

前回に引き続きスーパーでお買いもの記録、、、

ある日のセントラルマーケット。
    20160402_175026_convert_20160702004824.jpg

は、メキシカンフェア ってことでいろんなペッパー山積み
    P4260733_convert_20160705230529.jpg

    P4260734_convert_20160705230721.jpg

果肉でか過ぎなほうずき(!?) 何やら珍しい野菜もあったりしたけど、、、ちらっと観賞してスルー。
    P4260736_convert_20160705230822.jpg

いろ~んな州からやって来たリンゴの中には、メイドインジャパンのFUJIもあったっけ
    P4260740_convert_20160705230852.jpg

でここここ、こちらの生ジュース。この日一緒に行ったNさんおすすめ試飲できるジュース
      20160425_142530_convert_20160702005356.jpg
セントラルマーケット来たら毎度ついつい立ち寄るコーナーらしいこの日のジュースはオレンジとパイナップル♪

フレッシュで美味しいです

そして私がついつい食べたくなっちゃう果物がこちらのブドウ♡ 
    20160403_161049_convert_20160702004953.jpg

種がなく甘くて美味しいです。小腹がすいたらパクつく、、、

果物だしスナックよりはヘルシーよね、、、となんとなく思う 
    20160403_161143_convert_20160702005025.jpg

こちらはお水と混ぜるだけでふんわりモチモチ、アメリカンスタイルパンケーキが簡単にできちゃうよ♪と評判だったパンケーキミックス。
      P4030677_convert_20160702005138.jpg
お水より何となく、根拠はないけど何となく牛乳の方が美味しいかも と作ってみたら、ただ混ぜるだけでほんとにふわもち美味しいパンケーキができました♡

そして5年越しに見つけたピカンナッツのシナモンシュガーがけ☆

5年前文化交流で訪れた際、現地の方手作りのこのナッツをいただき食べた瞬間、美味しい~~~!!!と大感激してからというもの、

作り方をざっくり聞いたような、、、なうろ覚えの記憶をフル回転し何度か作っては見たものの全く上手に作れず、ネットなんかで検索してもヒットせず、

市販で売ってないものかと探してみてもこれといったものには出合えず、

あの時のあのナッツはだって手作り、きっともう同じものには出合えないんだわと諦めていたら、、、

なんとこの度セントラルマーケットで発見
      20160403_081600_convert_20160702004915.jpg
ちょっとシュガー多めではあったものの、これこれこの味 と感激ひとしお。

ん、でもやっぱりもちっとシュガー薄目のコーティングが好みだけど、、、  ハンドメイドには敵わないね
                
    20160420_201738_convert_20160705232151.jpg
お花のコーナーも大きく、どこのスーパーよりも比較的新鮮で種類も多く扱ってると評判のセントラルマーケット。

      20160420_201745_convert_20160705232222.jpg
確かにきれいなお花がたくさんありましたが、

良く見ないと中にはムレをおこしていたり、よれっとしたお花もあったりするので買うときはちゃんとに選別しないとね♪

    20160420_201900_convert_20160705232248.jpg
ディスプレイも色分けしてキレイに飾ってあるから見やすいです。

キャンドルはインテリアの必需品(!?) 香りがいいから飾っておくだけでもいいですね♪

      20160420_201949_001_convert_20160705232328.jpg
なんだか楽しいアメリカスーパーマーケット








本日もご訪問ありがとうございました♪
ぽちっと1押しうれしいです♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ
  • Dallas